就職祝い

就職祝い@flatandtree.com

就職祝いとは

就職祝いというのは、高校や大学を卒業して就職をした人に贈るお祝いです。社会人としての出発に似つかわしい贈り物が良いとされ、卒業祝いを兼ねています。先輩後輩関係にある人からや、友達からの就職祝いは、印鑑、名刺入れ、ビジネスバック、ベルトなどが少なくないみたいです。人気があるのは、社会人になるとよく使うようになる物だみたいです。他にお薦めなのは万年筆やボールペン、手帳などでしょうかね。女の人への就職祝いには、化粧品やアクセサリーなども喜ばれます。就職祝いを親から子へ、伯父や伯母から甥や姪へ贈るときには、スーツや背広をプレゼントする事もあると思われます。就職を契機に1人暮らしを初めるという人には、寝具や生使用品も重宝される事でしょう。実用的なものが就職祝いとしてよく贈られるので、おもい切って相手にほしいものを尋ねてみるのもお薦めです。最も実用的なものは現金可能性があります。学生から社会人になった事で、今まで必要としなかったいろんなものが必要になる事もあると思われます。もらった事を励みにして、実際にはお金を使わずに重要に取っておいていただが、仕事にまい進できたという話もききます。就職祝いは、形のあるものとは限りません。普段は行かないような高級な値段の低くはないレストランやホテルで、就職祝いをしてもらったという人もいます。社会人としてのスタートのお祝いが就職祝いですのでぜひ相手に喜ばれるものを心からのお祝いと激励を込めて贈るようにしましょう。

就職祝いのマナー

入学祝いや就職祝いなど人生にはいろんな節目で、お祝いごとがあるみたいです。特殊に親しい人同士でのお祝いのやり取りが、就職祝いですよね。細々としたマナーを問う事はない可能性がありますが、互いに守るべき礼儀はあるみたいです。卒業と就職はほとんどの場合同様の時期になってきます。就職祝いと卒業祝いが重なる場合は、就職祝いの方を重視して、就職祝いとして送るのが一般的です。なるべく就職先が決定したら、早いうちに就職祝いをプレゼントしましょう。なるべく入社式を迎える前に贈るように心がけましょう。どうしても遅くなってしまった場合でも、入社式後の出来るだけ早い時期を目途に送ります。5,000円から20,000円が、お金で送る場合は相場ですが、送る側の年齢や付き合いの深さ、血縁関係の近さなどによっても異なるといえるでしょう。のし袋に祝い金を入れて渡す場合は、表書に御祝とか就職御祝と書きます。就職祝いのお返しは、慣例としてはしなくて良いみたいです。感謝の気もちは電話やお礼状でなるべく早く伝えましょう。親しい人への連絡なら、メールでも構わないでしょう。形式に拘りすぎる必要は有りません。もしお返しをしたい時は、大まかな目安になるのが就職御祝いとしていただいたものの3分の1から2分の1程度の金額のものがベストです。

就職祝いの人気ランキング

就職祝いを送る事になったでも、、何がいいか考えてしまうという人は少なくないそうです。一般的に就職祝いに送るものとしての決められたものはいろいろあるそうですが、それにしてもたくさんプレゼントの候補があるといえます。相手の望むものをとかんがえるならば、何がほしいか聞いたり、現金を就職祝いにしてほしいものを自身で購入して貰うという方式もあるそうです。送る相手が使いそうなものを自身で選択する場合には思って、営業職なら身につけるもの、事務職なら文房具類などといった形で選択してみるのもお奨めです。ここのところ好評の就職祝いは、男の人にはネクタイ、婦人には財布のそうです。スーツを着るようになればネクタイは何本でもほしいもの。自身でまずは買い揃えるネクタイは、無難な落ち着いた柄のものをつい選んでしまうものです。センスのいいネクタイを就職祝いに送れば、きっと喜ばれる事でしょう。学生時代とは新社会人になるともち物が変わるもので、少しおとなびたものが欲しくなるのが婦人だといえます。財布は人に見られる機会の少なくないもので、高級感のある財布は一目で理解できます。就職祝いにケーキを贈るという人もここのところは少なくないそうです。ケーキはお祝いの席には付き物です。お祝いごとにお菓子は一般的な贈り物なのです。お祝いの気もちが詰まったデコレーションケーキや保ちのいい洋菓子などは、幅広い層に支持されており、人気製品となっています。誰もが、花束などもストレートに就職祝いの気もちを表現する事が出来るので好んで贈っているそうです。